親権争いの問題、子供はどちらと暮らすのが幸せか

昨今、離婚の数が急激に増えて、子供がいる夫婦にとって親権は一番の問題といえるでしょう。
可愛い子供をどちらが引き取るか、おおよその例では母親ですが、最近は父親が引き取る例も増えているようです。
もともと親権は、子供が幸せになれる環境を与えてやれる方がなるものです。
父親が母親以上に子供のことを考え、多くのことを与えてやれるなら親権者としてふさわしいのですから。
しかし、あきらかにどちらかが親権者にふさわしい、と決まってる場合は簡単に親権者がきまるのですが、どちらも子供のことを考えていて引き取りたい意思がある場合は大変です。
子供への愛情ゆえですから、お互いになかなか引かずに親権争いになり、裁判と言う例もあるようです。
本来は子供自信の問題ですから、本人が決めればいいように思える例ですが、子ども自身も父親、母親どちらにも愛情がある場合、決めれないことが多く、また子供であるから本人の意思というのはあまり反映されない例が多いです。
どちらが親権を持つのかは両親が冷静に今の自分達の置かれる状況を判断して自分の感情でなく、子供の意思と幸せを第一に考えたらおのずと答えは出てくるのではないでしょうか。