家庭裁判所

裁判所ってなんだか厳粛なイメージ・・・と感じる人が多いと思いますが
家庭裁判所に関しては実はそんなことありません(^^)
というのも、私は2年ほど前に離婚調停をし
何度も通った経験があるからです。
もちろん最初は凄く緊張し怖くて怖くて家族に付き添いをお願いしました。
でも実際に入ってみると普通のお役所みたいな感じでした。
調停室や待合室の扉は話声が漏れないようにか
重めのしっかりした扉でしたが。
警備員の方も和やかな雰囲気のおじさんだったし。
職員の方も親身になって話を聞いてくれたり
手続き方法を教えてくれる方が多かったです。
もちろん色んな方がいらっしゃるので冷たく事務的に話される方もいましたが。
ちなみに調停の成立時に初めて「裁判官」という方にお会いしましたが
どんな厳粛の雰囲気漂うおじさんがくのかと思いきや
現れたのは40歳前後の小柄な女性でした。
私を担当した職員の方々が親切な方が多く
また家庭裁判所というためなのか
離婚調停を通して私の中の裁判所のイメージが変わり
最初は出廷に緊張していましたが
今では普通に通えるようになりました。