司法府についての理解

司法府について、詳しく理解している人というのは、おそらく法律関係の勉強を少しでもした経験を持っている人だと思います。
一般的に、学校の授業で司法という言葉を習った記憶はあるものの、なんとなく漠然としかわからないという人がほとんどではないでしょうか。
私もそうした漠然組の一人ですが、司法府とは、一言で表すなら、裁判所のことのようです。
つまり、司法を行う機関のことを指して言う言葉だそうなので、裁判所がこれに該当するということになるのだそうです。
裁判所と言ってくれればすぐに分かるのですが、あえて司法府という呼び方をするのには、きっとそれなりの必要性があるのだろうと思います。
その必要性までは分からないものの、人生のうちで、司法府のお世話になるようなことは、できれば避けたいものです。
それなのに、最近になって私の人生に、司法府が関係してくる事態が発生しました。
これは、司法府について勉強しなさいということなのかもしれません。