親権争いにあんしんしたいあなたへ

親権争いってどうしてなさるのでしょうかって考えたことがありますか。
それは、親御さんのエゴかもしれません。
そして、あなたがたご夫婦の愛の結晶がお子さんだと認識なされば、例え、いま2人が離婚の場合の環境が訪れたとしてもお子さんにとっては親であり、家族の一員であるってことはゆるぎない事実です。
そして、2人の愛の結晶であるお子様を物理的にお隣に座らせたいって思われるから親権争いになるのかもしれません。
今の時代、メールもできるし、携帯電話もあります。
お子さんとコンタクトを取るツールは少なくありません。
ですから、親の義務である、未成年であるお子さんを成人するまで面倒を見ることは当たり前かもしれませんが、もう少し視線を空から外界を見るおおらかさで物事を判断なさると素敵なことが起きるかもしれません。
まずは、お子さんの存在に感謝をしながら、これからの長い人生に向けてお話を進めていかれるといいかもしれません。
1人占めにしないこと。