相続する順序について

人は生まれてきていつかは必ず死亡します。そして死亡をした場合に必ず相続が発生します。そして死亡した人が所有していた遺産は法律で定められた相続人に承継されることになります。そして承継される遺産はプラスの財産だけでなくマイナスの財産も含まれます。そのため現金、預貯金、土地、建物、株式、自動車などの財産の他、死亡した人が銀行や消費者金融から借金をしていた場合はその借金も承継することになります。

そして死亡した人の相続人になる人は法律で定められています。まずは死亡した人の配偶者です。そして死亡した人に子供がいれば子供も該当します。そして子供がいない場合やすでに死亡していてその下の世代がいない場合は死亡した人の親になります。そしてすでに親が死亡していて死亡した人の上の世代の人がいない場合は死亡した人の兄弟姉妹になります。そして兄弟姉妹もいないとなると相続人不存在となり、一定の手続きを得て死亡した人の特別縁故者が死亡した人の財産から分与を受けることになります。そして特別縁故者もいない場合は最後国に死亡した人の遺産がわたることになります。

また生前に自分の財産を誰かに承継させたい場合は遺言書を書いておくことによってその人に財産を相続させることも可能でこの場合は遺言内容が法律で定められた内容よりも優先することになります。